音楽で睡眠に向かおう!

 

眠るときに音楽を聴くと眠りやすくなる、という話を聞いたことありますか?

私自身も学生の頃にそれを聞いて試してみたんですがうまくいかなかったので完全にあきらめていました。

でも最近その正しい方法を知ったのであらためてここでまとめていきます。

 

まず音楽の選び方から。

これをアップテンポの曲にしないことです。

こんな曲にしてしまうと体がのっちゃって眠るどころじゃないんです。

 

なのでテンポが落ち着いたもの、できればボーカルの声もいらないですね。

あれがあるとどうしてもその声、歌詞に集中してしまうんです。

もっと言ってしまえば環境音だけとかのほうが眠りやすいかもしれません。

 

通販サイトで調べてみるとそういう音だけのCDが売ってるので買ってみるといいでしょう。

数時間あるので眠ってる途中に切れることもありません。

 

あと、睡眠に関する音というところでなら眠る方法を音声でサポートしてくれるものもあるんです。

有料アプリになりますがツーブリーズというもの。

 

これは自分の呼吸のリズム、体が動くリズムと連動していて、今の体ならこういった呼吸が一番眠りやすいというのをリアルタイムで分析してくれます。

その分析結果からの修正案を音声で支持してくれるわけです。

 

私も使ってみたんですが以外に使いやすかったです。

常に音声でサポートされてるイメージだったのでうるさいんじゃないかなと思ったんですが自分の呼吸が安定すれば支持することもなくなるのでしゃべらなくなります。

 

呼吸を覚えてしまえばこれからの人生でずっと使えるので値段の割にはコスパがいいかなと思っています。

アプリなのでスマホを持ってる人しか使えないですがなかなかの優れものです。

スマホを持ってる人はストアでツーブリーズと検索すれば出てくるので仕様やレビューなどを見て確かめてみるといいでしょう。

ツーブリーズと良い口コミたち

 

一応ストアとは別に内容を詳しくまとめたサイトもあるのでいいかなと思った人はそちらも見てみてください。

ただのアプリにしてはかなりしっかり作りこまれているのでここを見れば大体ツーブリーズのことがわかるかと思いますよ。

 

 

寝る前の行動を徹底しよう!

 

眠れない人が簡単にできるのが寝る前に寝やすくなるようなことをするというもの。

寝る直前なのでここを徹底していればかなり眠りやすくなるんです。

あまりしっかり考えたことがなかったな、なんて人は今日からでも実践してみてください。

 

まずはやってはいけないこととしてスマホを触ること。

これは有名ですがやっぱりできてない人がかなり多いです。

30分前くらいには見るのをやめないと目がちかちかしたのがずっと残って、頭は疲れて眠たいのに体が睡眠に入ることができません。

 

ベッドで手持無沙汰だなという人は漫画でも持っていくといいでしょう。

小説だと読む気にならない人なら漫画やお気に入りの雑誌なんかは読みやすいんじゃないでしょうか。

最悪でもテレビくらいに抑えておくと電気を消して目をつぶったときにすっと眠れるはずです。

 

さて、反対に寝る前にしたほうがいいことですが簡単な運動がおすすめ。

運動といっても簡単、ということなのでストレッチでもしておくといいでしょう。

 

体がほぐれて、眠りに入りやすくなります。

これのいいところは寝る体制が悪い人でも肩こりが起こりにくくなるということ。

体が柔らなくなり硬いまま固定されることが少なくなるんです。

つらい体制になったときは自分で修正できる体になるということです。

 

あとは乳製品を食べておくとベスト。

牛乳やチーズなどですね。この中には眠るときに必要な成分が入ってるのでダイレクトに不眠解消に効果があります。

不眠解消系のサプリではこの成分を抽出してまとめた、というものも多いんですよ。

 

全部今夜から、というわけではないので出来そうなものから少しずつ挑戦してみてください。

どれもしっかり効果はあるので何かの変化は起こるはずですよ。