食べ物で体質から寝やすくなろう!

 

おなかにいい食べ物や頭がさえる食べ物などはよく聞きますが眠りやすくなる食べ物というのは聞いたことないんじゃないでしょうか。

食べると眠りやすくなる食べ物というのは実際にあるんです。

食生活の見直しが不眠解消に結び付くとみんな思ってないので見逃しがちなんですが、しっかりあるんですよ。

 

ということで今回はそんな睡眠にいい食べ物を紹介。

 

トリプトファンを探せ!

その食べ物が睡眠にいいか悪いかの線引きになるのがトリプトファンという成分。

これは人間が眠るときに必要な成分だと思ってください。

 

不眠に悩んでる人はこれが足りないから寝付くことができないんです。

でもこの成分は体の中で作ることができず、外から、つまり食べ物でしか補うことができません。

 

そこで補うのであればその成分がたっぷり入った食べ物を選んで補おう!という考えです。

シンプルですが本当に効果はあるんですよ。

 

そんな食べ物の一つが牛乳。

乳製品全般に言えますがこのトリプトファンが非常に多く含まれています。

寝る前にはもちろん、普段から大目に飲むようにすれば十分必要な量を賄えます。

 

学校で牛乳飲まないと背が伸びないよ!と怒られるのはカルシウム以外にもこの睡眠時間がへって伸びなくなる、という意味も含まれてたのかも?

乳製品のほかには豆類にも多く含まれています。

 

納豆、豆腐などでもOKです。

このくらいなら普段の食事にも取り入れやすいのでいいですよね。

さらにこの豆と上の牛乳を組み合わせた豆乳は眠るために生まれたようなもの。

 

味もそこまで悪くないので興味のある人は試してみてください。

 

なんとなくここまでで食事で何をすべきかがイメージできたでしょうか。

この成分は積み重ねれば積み重ねるほど効果が出やすくなります。

1日効果がなかったからってあきらめないで継続していきましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です