変な体制だと寝られない!一番無理のない姿勢を探ろう!

寝るときの体制というのはその人ごとに違っています。

ただどんな人にも当てはまるベターな体勢というのは存在します。

これは寝つきというよりも眠ったときに深い睡眠に入れるかそうでないかのほうが大きくかかわってきます。

 

朝起きた時に肩や首がバキバキに傷んでいる、というような人はこの体制が非常に悪い証拠。

しっかり治していかないと慢性的な肩こりになりかねません。

浅い睡眠しかとれなくなるんで寝てる時間は長くてもぎゅっとしてみると以外に短かったりするんですよね。

 

こういう場合はかなり基本から見直して対策をしないといけません。

態勢が悪いということも元を探ってみると寝具に行き当たるんです。

ちょっとお金はかかりますがここを見直すとかなり快適になります。

 

まずはマットレス。ベッドそのものを変えると相当なお金になるのでマットレスだけ。

マットレスだけでも自分に合ったものを選べばかなり効果的ですよ。

 

これは実際に寝具店に言って自分の不眠の症状、固めが好きかやわらかめが好きななど注文を店員さんに話してみましょう。

それに合ったものをいくつか選んでもらって実際に寝てみましょう。

この寝て確かめるというのがポイント。

長い間寝る、ということを考えて寝心地を確かめながら買うと間違いがありません。

 

あと寝具というと大事なのが枕。これも安らかな睡眠には欠かせません。

これもできれば寝具店で使い心地を確かめるのがいいですが、枕に関してはネットでも買えます。

 

いろいろと最近は種類が出てるんですが六角脳枕というものは中でも評判がいいんです。

これは仰向けに寝た時、両サイドにへこみがあって寝返りを打った時にそこにポコッとはまるようになっています。

ふつうは寝がえりの時に不自然な体勢になるんですがそれを防いでいるんですね。

六角脳枕の口コミを知りたい人は

 

六角脳枕は市販の枕と違って何百人もの人間のデータを積み重ねて高さや柔らかさを決めています。

なのでネット通販で、実際に試すことなく買っても自分に合わないということがほとんどないんです。

 

その努力もしっかりわかってるみたいで、販売してる楽天ではこうランキングを常に維持しています。

誰にでも会うような枕がほしいという人はぜひこの六角脳枕を買ってみてください。

値段は高いですが十分あなたの眠りをサポートしてくれるはずです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です